「カラスの足跡」、目尻の皺対策の間違いと正しい知識

「カラスの足跡」、目尻の皺対策の間違いと正しい知識

目元って、年齢が出やすいといわれていますよね。
だからこそ、私もしっかりケアしていました。
目じりにしわができないようにパックしたり、
美容液を塗ったり、目元マッサージで血行を促進させたりと
目元にだけは気を使ってました。

が、この行動、どうやら間違っていたみたいなんです。

「カラスの足跡」、目尻の皺対策の間違いと正しい知識
目じりにできるしわのことをカラスと足跡と呼びますが、
私がやっていたことは、このカラスの足跡を作らないどころか、増やしてしまっていたんです。
私がやっていた、カラスの足跡対策で間違っていたこと、一つ目は
美容液や保湿クリームをしわに入れ込んでいたことです。
しわに入れ込むことでしわを改善させているつもりだったけど、
実は、しわに美容液やクリームを入れ込むことはやっちゃいけないことでした。
というのも、しわに美容液などを入れ込む際、
しわを引っ張ったりして入れ込むでしょ。
もともと、皮膚の薄いデリケートな目じりの皮膚は引っ張ったりすることで
コラーゲンまで破壊していたんです。
コラーゲンはしわを作らないためにとても必要な成分です。
自ら引っ張っていたことでコラーゲンをも壊していたとは。。。

次に、目元用パックの使用するのはカラスの足跡を作る原因でした。
目元の保湿に役立つ目元用パックですが、
つい、やりすぎちゃうんですよね~。
1回のパックでしわを改善させようと、よくばり意識が出ちゃって、
本当に使用しなきゃいけない時間以上にパックを張っていました。
そのことにより、パックは保湿するどころか、乾燥してしまい
目元のしわの原因にしかなっていませんでした。
目もとパックは、使い方や使用時間をきちんと守らなければ、しわの原因になるということです。

さらに、目元にやっちゃいけないこと。
マッサージです。
クリームをたっぷり使ってマッサージをすればすべりもいいし、
目元もすっきりする気がしていました。
たしかに、マッサージって血行が良くなるのはいいといわれていますが、
目元だけはNG。
引っ張ったり伸ばしたり、皮膚を摩擦させることで
しわの原因になるそうです。
目元ケアは、とにかく優しく。
でないと、しわの原因になるだけいみたいです。

じゃあ、どうやったらカラスの足跡を作らないで済むのか?
必要以上に刺激しないこと。
そして、しわやシミの原因である、紫外線を浴びないようにすることです。
紫外線って、シミだけ作ると思うでしょ。
紫外線はコラーゲンも壊してしまうので、しわまで作ります。
1年を通してしっかり紫外線対策をしましょう。

また、たばこもコラーゲンを作るために必要なビタミンCを壊してしまうので
しわを作らないためには、禁煙を心がけましょう。

あとは、ビタミンAを積極的にとることが大事です。
ビタミンAは抗酸化力作用が強いといわれている成分です。
老けないためにはビタミンAですよ。

さらに、ビタミンEとビタミンCも積極的に摂取します。
ビタミンEは血行を促進してくれます。
マッサージをしなくても、血行さえよければ、むくみも解消されるし
栄養素も体の隅々にまで行き届きますよね。
お肌のターンオーバーも正常になるので
美肌にはもってこいです。
ビタミンEを積極的にとりましょう。
ビタミンCは先ほども言ったように、コラーゲンを作るのに必要な成分です。
コラーゲンは年齢とともに減少していくので
絶対に欲しい成分だけど、ビタミンCがなければ作れません。
積極的に摂取していつまでも若々しい目元でいたいですね。

ケアナノパック

コメントは受け付けていません。